本文へスキップ

四季を感じる癒しの半島、探しに行こう三浦半島へ!

Enjoy三浦半島三浦半島ウォーク>津久井浜コース
→クチコミ情報を見る。投稿する
津久井浜コース 
スタート京急津久井浜駅→ゴール京急津久井浜駅
所要時間2時間35分(休憩時間は含みません) 総距離約7km 
コース説明
京急津久井浜駅からツツジで有名な武山と砲台があったとされる砲台山、浅間神社奥宮がある三浦富士をとおるコース。
休憩スポット
スタート地点京急津久井浜駅・津久井浜観光農園・武山山頂にトイレがあります。
昼食に最適な場所は、武山山頂です。(ベンチあり)

大きな地図で津久井浜コースを見る。
1.津久井浜駅(トイレ)
↓約0.1km 約5分
2.浅間神社
縁結びの神様を祀る。山頂の奥宮を目指して頑張りましょう。
↓約1.6km 約20分
3.津久井浜観光農園
四季を通して収穫の体験ができる観光農園です。
↓約1.7km 約35分
4.武山山頂(武山不動尊)(トイレ)
「武山の不動さん」と親しまれているこの寺院の正式名称は、「龍塚山磁経寺武山不動院」で浄土宗です。ここに安置されている不動尊は、後小松天皇の御代、応永4年(1397)に奈良東大寺の沙門万務大阿闍利が、諸国行脚の途中に、現在の南武にあった、持経寺に立ち寄り、高さ三尺九寸(約27メートル)の不動尊を彫刻して本尊としたものです。その後、修験層讃与見随が、この山頂に移したと伝えられています。
↓約1km 約20分
5.砲台山(大塚山)
第3管区海上保安本部武山中継所の柵があります。その先に砲台が置いてあったとされるコンクリート製の砲台跡があります。
↓約0.6km 約20分
6.三浦富士(浅間神社奥宮)
 社伝によると聖武天皇の天平年中(729~748)に僧行基が当郷に来り、駿河国の浅間神社を勧請し祀ったとある。そこは津久井浜と長沢の奥にあって高くそびえる浅間山の山頂である。この山は海上から良い目標となり漁場の位置や東京湾に出入りする船のよい目印とすると共に信仰の対象になっている。後に富士山と呼ばれ人々から崇められるようになってきた。
↓約1.5km 約35分
7.東光寺
↓約1.5km 約20分
8.津久井浜駅
    




↑鎌倉・横浜市金沢区・逗子・葉山・横須賀・三浦エリアのグルメを ホットペッパーで探す↑ 
    
       
↑鎌倉・横浜市金沢区・逗子・葉山・横須賀・三浦エリアのホテル・旅館を探す↑   
 

      
当サイト限定クーポン 三浦半島eチケット
★三浦半島eチケットの使用条件は、当サイトに使用する三浦半島eチケットが掲載されている事が条件です。出掛ける前に必ず当該ページを確認してお出掛け下さい。使用できない等の苦情等はお受けできません。
★各店のページから「
クーポン(三浦半島eチケット)」に入り、ページをプリントアウト(印刷)し、クーポン券(三浦半島eチケット)を店側に渡して下さい。
★三浦半島の活性化にどんどん使って下さい。一部チケットが無い店舗もあります。
★サービス内容は予告無しに変わる場合があります(こまめのチェックがお勧めです)。

三浦半島eグルメ一覧表           
クーポン券(三浦半島eチケット)付き一覧表