本文へスキップ

四季を感じる癒しの半島、探しに行こう三浦半島へ!

三浦半島人 三浦半島で活躍する人たち


Enjoy三浦半島>民宿あほうどり 女将 渡辺真理子さん
 

+++民宿あほうどり 女将 渡辺真理子さん+++


三浦海岸で民宿を営む渡辺真理子さんです。
出身地は神奈川県三浦市。

19才で羽田空港のエアポートレストランで働きます。
団体客等があるとプリン3000個やキャベツの千切りなどを1日中作り続ける日々もあり、また男の社会に入り可愛がられもしながら苦労しました。
ここで9年の下つみは、今も役立っています。

25才で滑走路誘導灯設計士の夫と知り合います。
そして結婚、子供か貯金かで悩み、貯金を選び3年で1000万円を貯める。
その過程では職場がレストランで食事がでたのでそれほどひもじい思いはしなかった。
バス代を節約するために自転車で通勤したそうです。

28才で実家より帰ってこいということで、今まで貯めた貯金と2400万円の借金をし、民宿あほうどりをオープンします。
民宿を開いたきっかけとは?
最初は菓子屋かフレンチレストランと考えていました。
母が三崎の魚市場の人が来る食堂で働いていて、たまに手伝いに行っていました。
魚市場の人たちが三浦海岸という土地柄民宿を始めれば?
その助言が、今の民宿あほうどりのはじまりとなる。
昔はマグロは地位が低く、捨てる部分が多かったそうです。
それを工夫し、レパートリーは50種類以上にもなるという。
渡辺さんの料理が取り上げられるとその部分の値段が上がるという仕組みが出来上がり、昔はゴミ同然だった部分でも値が付くようになり、今では三崎で一目置かれる存在になる。

バブルの全盛期に入り、10年で返す予定の借金を6年で返済した。
三浦海岸は最初は地元の客をあまり受け入れていなかったそうです。
バブルが終わり、客足は遠のき、次第に地元の客を受け入れる様になる。
38才の時、11時〜14時まで数人のグループを作り、料理教室をはじめ、それが口コミで広がり次第に地元の客が増えてきました。

2004年8月、野菜嫌いの子供の離乳食にと開発した野菜プリンを販売開始。
多い日では1日500個売れるほど大人気商品となる。

最後にこれからの目標について聞いてみました。
三崎のマグロは高すぎると思う、立地条件にもよるが安くて美味しいマグロの定食屋をやってみたいね。と語っていた。
基本情報
お店の雰囲気 デート・ファミリー・少人数向き
住所 神奈川県三浦市南下浦町上宮田526-1
電話 046-889-2033
チェックイン/チェックアウト 15:00/10:00
定休日 不定休
座席数
予約
設備 貸し切り風呂、食堂、冷暖房、テレビ、冷蔵庫、釣船予約代行、浴衣レンタル。
駐車場 5台       ↓駐車場検索は下記の地図から↓
交通手段 京急三浦海岸駅から徒歩約15分 
平均予算 10000円
   民宿あほうどりホームページ



 


2015.アクセスランキング

  1. 三浦半島日帰り入浴
  2. 城ケ島雲母の湯
  3. 京急油壷観潮荘
  4. 三浦半島でBBQ
  5. 工場見学・直売所
  6. 三浦半島eグルメ掲載店
  7. たたら浜海水浴場
  8. 小坪漁港 谷亀
  9. 三浦エリア トップ

姉妹サイト

Enjoy家庭菜園
Enjoy富士登山