本文へスキップ

世界文化遺産に登録された富士山に登ろう!

服装・持ち物real estate

富士山は、日本一の山です。頂上までは観光やハイキング気分で登ると大変危険です!登山は最終的には自己責任で楽しむもの、そのための準備には慎重に!
平地と富士山頂の気温差は、約20℃あります。真夏の30℃以上ある日でも頂上との差は20℃以上、夜明けではさらに冷え込みます。登っているときは体が温まり、少し暑く感じると思いますが、寒さ対策を忘れないで下さい。ご来光を見るために夜間登山する場合は、必ず懐中電灯を持参してください。安全・確実に登るために主な服装・持ち物を下記に記載しました。富士登山は準備から始まっていますよ!

服装

・長ズボン(伸縮性のあるもの)
・長袖シャツ(防寒・日焼け防止(保湿性と速乾性のあるもの))
・下着(速乾性のあるもの)
・靴(登山靴・トレッキングタイプ(足首に砂が入らないようにするため足首まで隠れるタイプがお勧め))
・靴下(防寒対策・靴ずれ対策で厚手のもの)
・手袋(手の保護になる。軍手でOK)
・防寒着(セーター・フリース類)
・帽子(強い日差し対策のためツバのながいもの、寒い時はニットキャップも重宝する)
・雨具(寒い時の防寒具としても使えます)

ポイント
登山靴は、履きならしておいてください。(靴ずれがおきてしまいます)
山の天気は変わりやすく、いつ雨が降ってもおかしくありません。急な天候の変化にも十分な準備が必要です。
ザック(リュック)に物を入れるときはビニール袋に小分けして入れると防水効果が増えます。

出発前の準備として靴・ザック・雨具等は出発前に防水スプレーをかけて雨対策を施して下さい。

持ち物

持ち物

・ザック・リュック(体にあった背負いやすいもの、荷物を準備してから購入しよう)
・タオル2枚以上(首に巻いて日焼け、寒さ対策としても使用)
・着替え(雨で濡れてしまう可能性があります)
・重ね着出来るセーター・スエット・セーター等
・靴下
・ゴミ袋2枚以上(ゴミは必ず持ち帰る)
・懐中電灯(頭につけるもの(両手をあけるため))
・懐中電灯予備電池
・ストック(山小屋で金剛杖を購入するもの良いが、登山用は手への負担が軽い)
・サングラス(標高が高いと紫外線も強くなるため)
・携帯酸素(高山病予防やなってしまった時のため)
・医薬品(ばんそこうなど必要に応じて)
・日焼け止め(富士山の紫外線は強い)
・健康保険書
・携帯電話
・ラジオ
・ウエットティッシュ(持ち運びやすいもの)
・トイレットペーパー(グループで一つあると重宝します)
・ドリンク(高山病予防のためこまめに飲むので500mlのペットボトル2本以上、荷物が重く感じても多めに持参しよう。(水かお茶またはスポーツドリンク等))
・食べ物(飴やチョコレート等の甘い物、ゼリー飲料、サプリメント、おにぎり等の簡単に食べるも)
・カメラ(記念撮影は忘れずに!)
・ガイドブック(登る前に頭に入れておく、道に迷う場合があるので必ず持参しよう)
・お金(忘れたものや足りないものは山小屋でほとんどが揃いますが値段は高いです。またトイレは有料なので100円玉を1000円分ほど用意しておきましょう)

山小屋に泊まる場合には耳栓が必要になる場合もあります。装備の準備の相談はアウトドアショップに聞くのが近道です。

ナビゲーション

当サイトの利用について
 
登山の準備をする
服装・持ち物
富士山の気候
 
頂上での御褒美
御来光
影富士
剣ヶ峰
雲海
 富士山の見どころ
浅間大社奥宮
久須志神社
富士山頂郵便局
金明水
銀明水
登山道
・河口湖・吉田口登山道
 五合目
 山小屋情報
富士宮口登山道
 五合目
 山小屋情報
須走口登山道
 五合目
 山小屋情報
・御殿場口登山道
 五合目
 山小屋情報