本文へスキップ

世界文化遺産に登録された富士山に登ろう!

富士山の気候real es

富士山は、日本一の山です。頂上までは観光やハイキング気分で登ると大変危険です!登山は最終的には自己責任で楽しむもの、そのための準備が必要ですが、登る前に富士山について事前の知識を得ましょう。

富士山の山開きは7月1日、山小屋の開いている時期は山開きから8月下旬までです。。雪の残量等により異なりますが、その時の地上では真夏でも五合目では15度前後、頂上では5度前後となります。夜や風の影響で体感温度はさらに低くなると思ってください。山頂まで登るなら防寒着は必要です。
日が昇ると体感温度は上がります。昼間登るのと、夜登るのでは服装に違いがあります。
特にご来光を見た後下山するときは、紫外線が強いので日焼け止めは必需品です。
富士山の気圧はとても低く、山頂付近では、地上の三分の一程度となります。富士山といえど高山房になる人は多いので気をつけなければなりません、五合目に着いてからすぐに登るのではなく、体を慣らしてから登りましょう。対策として携帯用酸素を持っていると安心できます。
また、天候の変化が激しく、雷雲が発生すると周りに木や建物がないのでとても危険ですので、山小屋等に避難をお勧めします。
突然の雨対策として、雨具を用意しましょう、防寒着としても使えます。
富士山の雨は、上から降ってくるとは限りません、下から吹き上げてくる時もあるので傘は不向きです。また、傘は手を使い登山時のストックやロープを掴めなくなるのでとても危険です。
私は、登る前に雨が降っていると次回に持ち越しになります。


※登山計画を立てて万全な準備で登り苦労して到着した頂上は格別なものとなるでしょう。
※気象状況により頂上でのご来光等は見れない場合があります。

ナビゲーション

当サイトの利用について
 
登山の準備をする
服装・持ち物
富士山の気候
 
頂上での御褒美
御来光
影富士
剣ヶ峰
雲海
 富士山の見どころ
浅間大社奥宮
久須志神社
富士山頂郵便局
金明水
銀明水
登山道
・河口湖・吉田口登山道
 五合目
 山小屋情報
富士宮口登山道
 五合目
 山小屋情報
須走口登山道
 五合目
 山小屋情報
・御殿場口登山道
 五合目
 山小屋情報